むらのき

アクセスカウンタ

zoom RSS 今年の村祭り

<<   作成日時 : 2017/12/03 20:58   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

代行で帰る神主秋祭
昨年作った句だけど
今年もその通りになった。

今年の村祭りは2時からだったが
神主さんは9時過ぎには見えた。
公民館で祭事用の和紙をきったり
榊に麻生を飾るなどの準備があるのだ。
しかしそれは何時間もかかることはない。

2時になったとき
もうずいぶん酔っていた。
みんながかしこまって座り、祭事が始まるのを待っている前で
神官のいでたちに着替え始めたが
おぼつかない。
村の神主の嫁だったモモエさんが帯結びなど手伝い
従弟が烏帽子をかぶせたりした。

公民館で
まず神に捧げるものと
神社に参るみんなを払い清めてから神社に行く。

今はほとんどの人が急な石段をさけて
軽トラで行ける道を祭事関係の荷を積んで行く。
女たちが座の用意をしていると
なんと神主さん、トイレから出てきた。
置いて行かれたようだった。

立ったり坐したりの式次第は彼にとってきつかっただろうと思われたが
それでも神社での祭事はさすがに貫録をもって執り行った。
途中で一度、懐のものを取り出すのに従弟の手を借りた以外は。




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
その方はご高齢なのでしょうか?😁
その、俳句は過疎化した田舎で、昔ながらの行事を引き続き
どうにか守っていこうとしている村の人たちの姿が見えますねぇ。
sako
2017/12/04 04:58

コメントする help

ニックネーム
本 文
今年の村祭り むらのき/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる